仕事で遅い時間に食事をする

仕事で遅い時間に食事をする

■女性が健康をキープするために必要なこと

どんどん女性が活躍できる職場が増えてきたので、
遅くまで残業してバリバリ働いている女性も増えてきました。

仕事で女性が活躍するのは喜ばしいことですが、
働きすぎて生活習慣が乱れ、不健康になってしまったら意味がありません。

女性は出産という大仕事も将来的には待っているので、
男性よりも健康をキープする必要性が高いのです。

健康をキープするためには、
遅くとも夜7時から8時くらいまでには食事を済ませておきたいものです。

しかし、残業で忙しい時期は、
仕事が終電近くまで伸びてしまうこともあるのです。

そうなると夕食を食べるのが
深夜0時過ぎになってしまうことも少なくないのです。

仕事なので仕方がないといってしまえば、
それまでですが、仕事にすべてを捧げて、
健康を害してしまえば、働き続けることも、
その後の明るい未来もなくなってしまうのです。

寝る直前に食事をしてしまえば、
どうしても健康に悪い影響が出てしまうのです。

しかし、だからといって、
みんなが仕事をしている時に自分だけ食事をしに
外出することはできないのです。

そんな時は、あらかじめコンビ二などで、
おにぎりなどを買っておいて、小腹が空いたら
おにぎりを食べて満たすようにしましょう。

残業中におにぎりなどの軽食を済ませておくことで、
帰宅後にそれほどお腹が空くこともないので、
サラダなどのヘルシーなおかずだけでお腹が満たされるようになるのです。

寝る前に食べる量を減らしてヘルシーなものにすれば、
内蔵にかかる負担も少なくなるので、
ドカ食いしていた頃の何倍も健康をキープすることができるのです。

できれば、何も食べないで寝るのがベストですが、
それではストレスがたまり逆に健康によくないので、
やはり残業中でも軽食を食べておくのが良いでしょう。

さらに健康のことを考えるならコンビ二のおにぎりではなく、
手作りのおにぎりや食事を持参したほうが良いでしょう。

コンビ二のおにぎりには化学物質が含まれているので、
毎日食べると健康に悪い影響が出てしまうこともあるからです。

 

 

 

SPONSORED LINK

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ